世界日報 Web版

安倍首相の戦後70年談話に河野・村山談話の継承を批判する新潮


◆“過剰な期待”の反動

 話題に事欠かない週となった。安倍晋三首相の「戦後70年談話」、五輪エンブレムパクリ疑惑のデザイナー佐野研二郎氏、近年になく“豊漁”の甲子園球児たち、果ては不倫が動機か?国際弁護士股間切断事件、等々、暑い夏をさらに暑苦しくしている。

 予想通りというべきか、週刊誌の安倍談話への評価は厳しい。週刊新潮(8月27日付)は「『70年談話』がぬえになった」と報じた。「ぬえ」とは「正体不明、得体の知れない人物や物事」を指す。談話が「正体不明」ということだ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ