世界日報 Web版

児童虐待に社会全体の危機感が薄いと強調すべきプライムニュース


◆警察出動する米社会

 わが国で児童虐待防止法が制定されてから、今年でちょうど15年になる。筆者が特派員として米国に赴任したのはそれより前の1990年代だが、すでに児童虐待が深刻化しており、在米の日本人の間に、モンゴロイドの特徴である乳幼児の蒙古斑が虐待の跡に間違われることがあるから注意が必要と言われていた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ