世界日報 Web版

安倍首相戦後70年談話に読売、日経、産経が「前向き」「常識的」と評価


◆格調高かった「談話」

 終戦記念日の8月15日に、こんな記憶が蘇(よみがえ)った。

 白い病衣を着た傷痍軍人が駅頭で軍歌をアコーディオンで奏で、汗もぬぐわず、ひたすら頭を下げて寄付を募っている。その光景を子供らが奇異と畏怖の入り混じった目で、遠巻きにしている――。

 そんな姿を見かけなくなって久しい。戦後70年を経て、あの人たちはどうしているのだろうか。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ