世界日報 Web版

拉致再調査1年 北朝鮮への圧力強化を検討すべきとする産、読、経


◆浮上する制裁強化論

 家族は一日千秋の思いで、わが息子、娘を取り返す日を待っている――。

 この4日で、北朝鮮が日本人拉致被害者について、特別調査委員会を設置し、再調査に着手して1年が過ぎた。再調査は1年をめどにして終えるとしていたのだが、北朝鮮は2日夜に、北京の外交ルートを通じて「いましばらく時間がかかる」として調査報告の延期を通告してきた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ