世界日報 Web版

安保案件に「戦争」のレッテル貼り如何で揺らぐ世論を利用する朝日


◆秘密法でも世論調査

 民主主義の基礎となった社会契約論には二つの流れがあるとされる。英国の思想家ジョン・ロックとフランスの思想家ジャン・ジャック・ルソーのそれである。

 ロックが代表制と唱えたのに対して、ルソーはそれを真っ向から否定し、あらゆる決定を人民全員参加の集会で協議せよと主張し、後にフランス革命を主導する思想となった。どうやら朝日はその系譜に属するらしい。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ