世界日報 Web版

衆院「1票の格差」各判決に現実的アプローチで提言した読売や日経


◆具体策は乏しい朝毎

 「1票の格差」が最大2・13倍だった昨年12月衆院選の区割りをめぐり、弁護士グループが全295選挙区の選挙無効(やり直し)を求めた訴訟の高裁判決で、その判断が分かれている。提訴された17件の訴訟のうち先月27日までに14件が高裁・高裁支部で判決が出た。内訳は最多の「違憲状態」が9件、「合憲」4件、「違憲(選挙は有効)」1件である。

 残る3件は今月28日に判決予定の広島高裁岡山支部を最後に示され、その後、上告を受けて最高裁が年内にも統一判断を示すものとみられる。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ