世界日報 Web版

川崎中1殺害事件で18歳主犯の実名・顔写真を掲載した新潮の算盤


◆残虐な犯罪に「保護」

 川崎中1殺害事件で、週刊新潮(3月12日号)が主犯の18歳少年の実名報道に踏み切った。顔写真も掲載している。これまでも、残虐非道な少年犯罪が“少年法の壁”に阻まれて、被害者を“晒(さら)しもの”にしながら、加害者を保護するという理不尽が続いていた。新潮の投じた一石は「選挙権18歳引き下げ」論議と相まって、少年法61条(詳細な報道の禁止)を打ち破る契機となるのだろうか。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ