世界日報 Web版

高倉健の追悼で解散総選挙を押しのける見事な大特集を組んだ文春


◆映画史として読める

 俳優・高倉健が亡くなった。週刊誌が追悼特集を組んでいる。

 日本男子の美学、不器用な男、優しき素顔、寡黙でストイック、男が痺れた、女が惚れた、名優たちとの熱き交友――、これらは週刊文春(12月4日号)から拾い出した見出しである。高倉健をイメージしてすぐに出てくるフレーズだ。昨年には映画俳優として初めて文化勲章を受章しており、昭和、平成の名優と言っていい。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ