世界日報 Web版

消費税増税に「転嫁着実に乗り切れ」だけでは物足りない日経社説


◆税収を評価した読売

 4月1日。消費税の税率が1997年4月以来17年ぶりに引き上げられた。5%から8%への引き上げで、国民の税負担は年間で約8兆円増える。しかも、これは2012年8月に成立した消費税増税法で決まった増税の第1弾で、15年10月に第2弾として10%への増税が予定されている。

 消費増税は景気に対してはマイナスであり、2度の消費増税によるデフレ圧力は計約13兆円。この大きさは、その後、景気を腰折れさせ、日本経済を10年以上もデフレ状態にし、財政をも一段と悪化させることになった97年度の前回の消費増税を含む超緊縮予算によるそれとほぼ同規模なのである。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ