世界日報 Web版

クリミア編入問題扱う報道番組でロシア側の理屈も拾った報ステS


◆「G7」が日本の選択

 ロシアがウクライナのクリミア自治共和国を編入したことを受けて、23日放送の報道番組はこの問題を多く扱った。ロシアをめぐっては、先月の華やかなソチ冬季五輪の話題が、兵士と装甲車の映像に変わるドラスチックな展開に目を白黒させるものがある 。

 冬季五輪に続く平和の祭典・パラリンピック大会の余韻も残る21日、クリミア編入を祝って打ち上げられる花火の数々、歓声を上げるロシアの群衆の喜びは五輪開幕以上と見えてしまう。ロシアに制裁を加える西側諸国との感覚の開きは想像を超えるとしか言いようがない 。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ