世界日報 Web版

情報戦の一端を生々しく伝えるも日本に矛先向ける残念な毎日の連載


 本紙読者はすでにお読みになっただろうが、台湾有事はもはや、「起きるかどうか」ではなく、「いつ、どのように起きるか」。その視点に立った本紙シリーズ「『台湾有事』のシナリオ」(4日付~)はリアルに危機を予測している。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ