世界日報 Web版

「STAP細胞」の疑惑でもリケジョ・小保方博士に興味本位の文春


◆正面から捉えた新潮

 “夢の細胞”など存在せず、捏造(ねつぞう)論文で日本は世界で恥をかくのか?

 世界の科学界を騒がせている「STAP細胞」について、理化学研究所が「中間報告」を発表した。だが、それを見ても、あまりはっきりしない。細胞は存在しており、再現実験ができていないだけなのか、それとも、初めからそんなものは存在しないのか 。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ