世界日報 Web版

なぜ日本だけ新型コロナが収束傾向なのか、その謎に迫った新潮


厚労省、モデルナ製ワクチンに異物の混入を確認

 週刊新潮(12月2日付)がこの謎に迫った。「なぜ日本だけ収束!?『消えたコロナ』の謎に答える」の記事だ。感染者数が減った理由として、「人流が抑えられている」「ワクチン接種が進んだ」などが言われている。だが、これは「多くの人の実感と、あまりに乖離した見方ではないだろうか」と同誌は言う。誰もが感じていることだ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ