世界日報 Web版

科学的知見を誘導的に並べてジェンダー思想に「洗脳」するNスペ


 実際、番組を見ると、予想通りだった。人間の性(男女)の分化には、「男らしさ」を構成する性ホルモン「テストステロン」が大きく関わっており、精巣からの出具合次第で性染色体がXY(一般的には男性になる)でも外性器が女性になる場合があることや、脳の性差にも影響し、男女どちらともいえない人(Xジェンダー)も存在することなどを紹介した。

 だが、それらはすでに知られていることで、紹介された内容には何一つ目新しいものはなかった。そんな中で、最後に流れたナレーションは番組の狙いを端的に表していた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ