世界日報 Web版

眞子さん小室さん結婚、識者に変化する皇室の在り方語らせた文春


 一方的に眞子さんが「誹謗(ひぼう)中傷」を受けた、「謂(いわ)れのない物語」が独り歩きしたと訴えて終わった、これで小室家の借金問題などの説明の機会が失われた、などと、総じて批判的である。何よりも会見で質疑応答が直前になって取りやめられたことへの反発が強い。

 メディアとしては当然なのだろうが、そればかりを追究しても“民間人”となった眞子さんをこれ以上、追い回せば“ストーカー”になってしまう。その憤懣(ふんまん)が誌面に出ている。

窮屈な皇族方の環境


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ