世界日報 Web版

SDGs下での人権留意を求められる企業行動に着目する東洋経済


企業の信用失う恐れ

 今やSDGs(持続可能な開発目標)が時代の潮流になっている。2015年に国連が定めたもので、①貧困をなくす②全ての人に健康と福祉を③誰もが取得可能で、なおかつクリーンなエネルギーに―など17の開発目標について30年までの達成を目指すというもの。今ではSDGsは学校の総合学習のテーマからボランティア活動、企業の取り組みまで認知度は確実に上がってきている。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ