世界日報 Web版

中国恒大集団デフォルト危機、きれい事過ぎて腑に落ちない東京社説


東証終値が3万円割れ、「恒大不安」波及を懸念

 20日以降、世界の証券市場は大きく揺れた。

 上昇基調にあったニューヨーク証券市場は4カ月ぶりに最大幅の下落傾向を示し、日欧の証券市場だけでなく、国際原油価格やビットコインなども下落を余儀なくされた。

 国際金融市場の震源地となったのは、中国の大型不動産開発企業の恒大集団だった。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ