世界日報 Web版

中国のTPP申請で左派系紙でも厳しい論調の毎日、東京、大甘の朝日


理念共有程遠い中国

 環太平洋連携協定(TPP)に中国が16日、台湾が22日に加入を申請した。各紙はそろって社説で論調を掲載したが、左派系紙でも毎日、東京が中国の申請に対し厳しい見方をする中、朝日の異常な甘さが目立った。

 社説の掲載状況を見ると、まず中国の申請に対し、18日付で読売と日経、20日付で毎日と産経、21日付で本紙が、いずれも見出しで「加盟承認へのハードルは高い」(読売)、「中国のTPP申請は本気か」(日経)などと厳しい論調を示す中、朝日は台湾が申請した翌日の23日付で「ルール順守の見極めを」を掲載した。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ