世界日報 Web版

なぜコロナ治療薬はワクチンの後塵を拝したか言及がほしい読売記事


◆米で治療薬実用化も

 読売14日付に「コロナ飲み薬/開発大詰め 軽症者自宅で 米、年内にも実用化」とした治療薬開発の記事が載っている。

 「新型コロナウイルス対策の局面を変える『ゲームチェンジャー』として期待されているのが、軽症者が自宅で使える経口薬(飲み薬)だ。発症初期に薬を飲むことで早期に回復できれば、新型コロナがインフルエンザのような一般的な感染症になる可能性もある。(以下略)」というリード文に続いて、開発が進む治療薬を列挙し、説明を加えている。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ