世界日報 Web版

与党には怒号、野党には甘言、「リベラル派が陥る独善」を地でいく朝日


◆不寛容に寛容を主張

 リベラル政治学者が、リベラル派の政治家の陥る独善を、リベラル紙の朝日紙面で指摘していたので興味深く読んだ。「(多様性の問題でも)寛容になれ、と不寛容に主張する。政治とは自分の信条の純度を上げてそれを実現することだと信じ、四角四面で潔癖主義のピューリタン化してしまっている」(朝日9日付「選挙を考える」インタビュー)

 多様性に限らず何事においてもリベラル派は不寛容だ。そう語るのは専修大学教授の岡田憲治氏である(専門は民主主義理論)。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ