世界日報 Web版

東京、群馬、山梨の大雪孤立地帯に入った新潮が示す冬停電の深刻さ


◆教訓となる雪害現場

 “歴史的大雪”に見舞われた日本列島。特に普段大雪の降らない関東甲地方では孤立地区や停電、物流の停滞で、いまだに正常な生活が取り戻せていない所がある。

 14日(金曜日)から降り始めたこの冬2度目の大雪は、水分を含む湿った重たい雪だった。ビニールハウスを押しつぶし、カーポートの屋根はひしゃげて車をへこませただけでなく、翌日からの除雪を難しくさせ、道路は大渋滞。週明けには、スーパーの棚から食料品が減っていった。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ