世界日報 Web版

GDP1%成長でも楽観的な日経、不安げの読売、本紙は大きな懸念


◆日経は「堅調」を強調

 17日に発表された2013年10~12月期の国内総生産(GDP)は、大方の予想を大きく下回る数値だった。時事通信が伝えた民間シンクタンク11社の平均予想成長率(年率)は、実質2・5%成長だったが、現実は1・0%成長で最近になく大きく外れた。まさに予想外の数字である。

 外れた一番の要因は、4月からの消費増税を控えた駆け込み需要から大きく伸びると見られた個人消費が、前期比で0・5%増と小幅にとどまったからである。次には、予想以上に輸入が増え、輸出が増えなかったということか。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ