世界日報 Web版

東京五輪開幕、“骨のある”新潮の村井宮城県知事インタビュー記事


◆衝撃的なメダル予測

 さまざまな課題の中で東京五輪2020が始まった。これから17日間、今までの懐疑的な報道姿勢とは打って変わって、テレビ、新聞は連日、五輪報道で埋め尽くすのだろう。週刊誌はそもそも日々の報道では勝負にならないから、斜めの角度から五輪を切って見せる。前代未聞の困難の中で、どう五輪大会をやり切るか、ある意味歴史に残る教訓を記録することになる。

 実質的には23日の開会式前にこの週の号は出てしまっているが、各誌の特徴が出ていて面白い。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ