世界日報 Web版

「戦略は失敗した」として米軍のアフガン撤収に警鐘を鳴らす各紙


◆サイゴン陥落を再現

 米軍のアフガニスタン撤収が急ピッチで進められている。撤収後、米国の支援を受けるアフガン政府に対するタリバンの攻勢が強まるのは間違いなく、各紙は米国の無策ぶりへの非難一色だ。

 米紙ウォール・ストリート・ジャーナルは6月24日、アフガン撤収について「アフガンで悲劇が起きる」「撤収による流血はバイデンとトランプの責任」と指摘、「外交、経済、人道での支援」を約束していることについて、「慰めにならない慰め」と悲観的な見方を示した。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ