世界日報 Web版

競技平等めぐる女性とトランス女子との対立無視した「ネタドリ!」


◆世界的論議呼ぶ問題

 東京五輪を控え、首都圏で放送されているNHKの「首都圏情報 ネタドリ!」は6月18日放送分(19日再放送)で、「オリンピック憲章とLGBT」をテーマにした。2014年に改訂された五輪憲章は、差別禁止の対象項目として人種、肌の色、性別、宗教などに「性的指向」を追加している。

 このため、近年の五輪運動は、大会開催を契機にした「ジェンダー平等」の発信を大きなテーマにしている。東京大会も「多様性と調和」を理念に掲げているのだから、番組企画そのものはちょうどいいタイミングだった。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ