世界日報 Web版

「義務教育が変わる」と題して「イエナプラン」教育を紹介するアエラ


◆異なる年齢を一組に

 アエラ(6月21日付)が「義務教育が変わる、誰もが伸びる」と題して、「イエナプラン」教育を紹介している。イエナプランとはドイツの教授が取り組み、1960年代以降にオランダで発展した教育法だ。現在、ほとんどの学校で行われている、教師が生徒に同じことを一斉に教える教室授業とはまったくスタイルが異なる。異年齢構成のグループで、自分たちで課題を決め解いていく、というもの。上級生が下級生に解き方を教える、ということが自然に出てくるわけだ。現役教師が聞いたら顔をしかめるか、逆に食い付くか、評価は分かれるだろう。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ