世界日報 Web版

貿易赤字拡大で燃料費が主因と認めるも「原発再稼働」否定の朝、毎


◆日経など再稼働提案

 2013年のわが国の貿易赤字が過去最大になった。通関ベースでみた貿易収支は、11兆4700億円の赤字で前年比65%増。東日本大震災が発生した11年以降、赤字は3年連続で額も年々拡大している。

 各紙の論説陣も注目し、これまでに朝日、日経など4紙が社説ないしそれに準ずる欄で取り上げている。

 日付順に列挙すると、日経社説(1月28日付)「燃料のコスト抑え輸出競争力を高めよ」、産経「主張」(同29日付)「『もの作り』で反転攻勢に」、朝日社説(2月2日付)「構造変化に向き合おう」、毎日「視点」(同)「『国富流出』の議論」である。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ