世界日報 Web版

米国のロボットブームの「影」も追求すべきだったアエラの特集


◆回診の時間省くロボ

 アエラ2月3日号の特集記事「ロボット起業/米で大ブーム」は、米国でロボットが注目され、すでに機械産業の一分野としての地位を占め始めている様子を綴っている。SF映画「スターウォーズ」シリーズが、当の米国で大人気だったのを見ても分かるように、米国民は新奇な技術や未来製品に対する関心度が高い。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ