世界日報 Web版

日米首脳共同声明での同盟の深化と「台湾」明記を評価する読売など


◆普遍的価値観を共有

 「自由で開かれた国際秩序が中国の挑戦を受けている。日米同盟をより深化させ、民主主義の強靭(きょうじん)さを示していきたい」(読売18日付社説、以下各紙とも同日付)。

 菅義偉首相が16日午後(日本時間17日未明)、ホワイトハウスでバイデン米大統領と行った初の首脳会談後に発表された共同声明には、覇権主義的な動きを強める中国に対し「台湾海峡の平和と安定の重要性を強調するとともに、両岸問題の平和的解決を促す」ことが明記された。日米首脳の合意文書に台湾が言及されるのは、日中国交正常化後では初めてである。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ