世界日報 Web版

中東・東地中海での新たな連携の出現を指摘する米ブルームバーグ


◆独裁者去り空白発生

 中東のペルシャ湾岸から東地中海にかけての地域で経済、安全保障をめぐって新たな協力関係の構築が進んでいる。地域の大国イラン、トルコと周辺諸国との緊張関係が大きな要因として挙げられるが、近年開発が進む東地中海の天然ガス田、リビアとシリアの内戦などが絡む複雑な構図となっている。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ