世界日報 Web版

ビットコイン決済のコロナワクチン詐欺等に警鐘鳴らす「日曜報道」


◆中国製の闇ワクチン

 医療関係者を優先して新型コロナウイルスのワクチン接種が始まった。今後の普及に関心が集まるところ、2月28日放送のフジテレビ「日曜報道ザプライム」は、ワクチン不足で接種が進まない欧州連合(EU)を例にワクチン争奪戦が起きている問題を指摘する一方、国内で闇のワクチン接種や偽ワクチンが出回っていることを取り上げた。

 「知人の闇ワクチン接種に立ち会った」というジャーナリスト今西憲之氏の取材を基にした再現映像では、大阪市内のクリニックで1回3万円の中国製ワクチン接種を中国人企業家が「自己責任で接種する」との同意書を書くのを条件に行っていたという。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ