世界日報 Web版

沖縄「孔子廟」違憲判決、中国の「見えない手」に触れぬ平和ボケの各紙


◆政教分離のみに焦点

 「見えない手」。オーストラリアの作家、クライブ・ハミルトン氏は中国共産党のスパイ工作をそう呼んでいる。至る所に浸透しているのに人々は気づかない。いや、気づこうとしない。だから「見えない」のだ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ