世界日報 Web版

共産党結党100年を迎える中国の脅威・リスクを特集したエコノミスト


◆「人質」にされる外資

 米国では1月21日、バイデン新大統領が就任した。トランプ前大統領の時代に悪化した米中関係の軋轢(あつれき)は、新大統領になっても当分続くと見られている。とりわけ、今年は中国共産党100年の節目を迎える。2047年には中国建国100周年を迎え、習近平政権は今後も「強国中国」化路線を継続していくことは必至だ。

 そうした中で、週刊エコノミスト(1月19日号)は、中国リスクについての特集「危ない中国 共産党100年の呪縛(じゅばく)」を企画した。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ