世界日報 Web版

眞子殿下と小室圭さんの結婚問題で最後の抵抗を試みる新潮・文春


◆疑念の払拭を求める

 今年の締めくくりは週刊新潮(12月31日・1月7日号)と週刊文春(同)が揃(そろ)って取り上げた「国民的関心事」(新潮)である秋篠宮家の長女・眞子殿下と小室圭さんの結婚問題だ。共にトップ記事である。

 12月10日、西村泰彦宮内庁長官が会見で異例の発言を行った。「責任を果たすべき方が果たしていただくことが重要」。誰のことか。長官は3人を挙げた。「小室さんの弁護士、そして小室さんご本人とお母様」である。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ