世界日報 Web版

再編へ“最後通牒”を突き付けられた地銀を特集する東洋経済など


◆生き残りへ統合・合併

 銀行は人の体に例えると、「心臓」の役割を果たすといわれる。人や企業、自治体にお金(血液)をスムーズに流し、社会全体を正常に維持していく。とりわけ、地方を拠点に金融活動を行う地方銀行(地銀)は、地方経済の中核を担っているといっていい。ところが、その地銀が今、大きな岐路に立たされている。

 そんな地銀に対して経済誌が特集を組んだ。一つは週刊東洋経済11月28日号の「地銀 最終局面 首相が追い込む崖っぷち」、もう一つは週刊ダイヤモンド(同21日号)の「銀行再編の黒幕」である。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ