世界日報 Web版

エチオピア内戦危機、連邦崩壊の可能性を指摘するエジプト・サイト


◆脆弱な民族支配体制

 アフリカ東部エチオピアで北部ティグレ州をめぐる内紛が起き、死者は数千に達するのではないかと伝えられている。

 連邦政府は、少数派ティグレの反乱勢力を完全に制圧したと発表したものの、ティグレ人民解放戦線(TPLF)は抵抗を続けるとしており、国内の混乱が続くのは必至とみられている。

 エチオピアは人口1億人を超えるアフリカの大国。周辺諸国にとっては貴重な水源ともなっており、ナイル川上流に建設中の「大エチオピア・ルネサンスダム」の動向は、下流のスーダン、エジプトにとっては死活問題だ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ