世界日報 Web版

中国がシリアに触手、「一帯一路」で難民帰還と復興訴えるCGTN


◆露の支援で国際会議

 シリアの首都ダマスカスで11、12日の両日、内戦により国外に脱出した約600万人の難民の帰還を呼び掛ける国際会議が開催された。会議には中国も参加、同国の国営外国語放送CGTNは13日、「中国の一帯一路構想(BRI)は、戦後のシリア再建に貢献できる」と報じ、シリア復興へのインフラ投資に中国が興味を示していることを明らかにした。

 会議は、シリアへの介入を強めるロシアの支援を受けて開催された。米軍はシリア撤収を進め、影響力を弱めており、会議参加国には、中国、イラン、ベネズエラなど反米諸国が名を連ねた。大量の難民を受け入れている欧州連合(EU)は不参加だ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ