世界日報 Web版

核廃棄物最終処分地への応募を「『財源』の魅力が追い込んだ」とアエラ


◆建て直しのチャンス

 高レベル放射性廃棄物の最終処分地選定をめぐり、北海道寿都(すっつ)町の片岡春雄町長が9日、第1段階の「文献調査」に応募した。これに対しアエラ10月12日号に「核のごみ最終処分場『文献調査』が過疎の町を追い込む/不適地も『財源』の魅力」と題した記事を載せている。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ