世界日報 Web版

「党派性を帯びて運動体化」し「一方的な正義感の押しつけ」を行う毎日


◆党派色丸出しの記事

 メディアは7年8カ月の第2次安倍政権をどのように報じたのか。毎日は自社の第三者機関「開かれた新聞委員会」の座談会で評論家らと総括している(4日付特集)。その中で主筆の小松浩氏はメディアの分断が進んだとし、今後の課題をこう述べている。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ