世界日報 Web版

グローバル化時代に英語習得の必然性を指摘したダイヤモンドなど


◆東京五輪開催で拍車

 日本人にとって英語学習は極めて難しい作業であることは間違いない。戦後、日本では中学生(現在は小学5年生)から英語を学び、高校・大学とおよそ教育機関で10年以上も勉強する。しかしながら、それだけ勉強しても日常レベルの英会話がスムーズにいかないのは”おかしい”と感じている。

 そこで文部科学省は最近、抜本的な政策を打ち出した。グローバル化に対応した英語教育の体制整備を進めることが趣旨だが、折しも2020年には東京五輪が開かれる。訪日外国人観光客誘致を進める日本政府としても国民の英語力アップは必須の課題。実践的英語教育はさらに拍車がかかるだろう。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ