世界日報 Web版

経済制裁下のイランが中国接近か、亡命イラン人サイトが協定暴露


◆低価格で原油販売へ

 亡命イラン人らが立ち上げたニュースサイト「イランワイア」が7月8日、「イラン・中国包括的パートナーシップ」という文書を公表した。イラン外務省が作成し、同サイトにリークされたものだ。

 文書に記された協力関係は25年と長期に及ぶもので、その間イランは中国に市場価格を下回る価格で原油を販売する一方で、中国から4000億㌦のインフラ投資を受け入れるとされている。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ