世界日報 Web版

現行憲法無謬論の「護憲信者」にすぎぬ左派紙の名ばかりの立憲主義


◆立憲の支持率が急落

 新型コロナ禍をめぐる安倍政権の対応はどう評価されているのか。朝日の世論調査を見ると、「評価しない」53%、「指導力を発揮していない」57%、「緊急事態宣言を出すタイミングが遅すぎた」77%と手厳しい(21日付)。それでも内閣支持率は横ばい。他紙もほぼ同じ傾向だ。

 だからといって野党第1党の立憲民主党が評価されているわけではない。産経の調査では、同党の支持率は2月8・6%、3月7・7%、4月3・7%と、半減どころか約6割減の激落ちだ。これに対して日本維新の会は3・8%から5・2%へと大幅に増やし、初めて立憲を追い抜いた(14日付)。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ