世界日報 Web版

薬効データ改竄告発で真相解明と健全な産学協同を求めた読、経、産


◆製薬会社告発は当然

 のっけから私事で恐縮だが、昨冬から高血圧治療で降圧剤の処方を受けることになった。担当医師との問答は「あのぅ、あの薬じゃないでしょうね?」「大丈夫ですよ。安い方の薬を出しましたからご安心ください」で終わった。

 それで安心してしまい、今飲んでいる薬名が何かも覚えていない。「あの薬」の高血圧治療薬(降圧剤)「ディオバン」(一般名バルサルタン)でなければいい。ディオバンを回避したのは、感情的理由でも経済的理由でもなく、合理的判断からである。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ