世界日報 Web版

新型コロナで揺れ動く日本経済の今後と世界秩序への影響を占う3誌


◆「大恐慌到来」も覚悟

 連日、新型コロナウイルス(以下、新型コロナ)による感染拡大がテレビや新聞で報道されている。従って、このところの経済誌の話題も新型コロナ絡みが中心になる。

 例えば、週刊ダイヤモンドは4月25日号で「コロナで激変!世界経済&投資術」をテーマに特集を組めば、週刊東洋経済は「コロナ大恐慌日本経済はどこまで沈むか」(同日号)の見出しを付け、さらに週刊エコノミストは「首都封鎖コロナで沈む浮かぶ企業」(28日号)と新型コロナ一色。ちなみに前週号は、エコノミストが「コロナ相場に勝つ日本株上場銘柄の見極め方」、ダイヤモンドも「コロナ危機で働き方激変」と新型コロナを取り上げている。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ