世界日報 Web版

中国共産党政権「成果の誇示」のお先棒を担いだ朝日の武漢現地取材


研究所から流出疑惑

 新型コロナ禍のウイルスはどこから来たのだろうか。

 当初、中国・武漢のシビエ(野生の鳥獣肉)を扱う海鮮市場とされた。新型ウイルスは大概、動物を介して感染するからだ。マレーシアでは養豚業者がコウモリ生息地に養豚場を造った結果、コウモリが持っていたニパウイルスが豚を通じて人に感染、100人以上が死亡したことがある(1998年)。

 エイズ(HIVウイルス)はチンパンジー、新種インフルエンザはカモと豚や鶏。2002年の重症急性呼吸器症候群(SARS)はハクビシンやタヌキで、それを売る中国広東省の市場から感染が広がったとされた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ