世界日報 Web版

全国緊急事態宣言で「テレワーク待ったなし」を特集したアエラ


◆出勤との併用が有益

 新型コロナウイルス感染者数の増大に伴い、緊急事態宣言が全国に拡大された。否応なく、誰もが不要不急の外出を控え、時差通勤を心掛け、テレワークすることが求められるようになった。

 対面文化の日本には馴染(なじ)まないと言われているテレワークだが、もはや使いこなすしかない。アエラ(4月20日号)が「テレワーク待ったなし」の記事を載せた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ