世界日報 Web版

緊急経済対策の現金給付に保守系紙でもスピード感重視を強く注文


◆規模は評価した日経

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、政府は事業規模で108・2兆円の緊急経済対策を閣議決定した。過去最大規模となった今回の対策に、毎日と読売、産経の3紙が通常2本立ての枠に1本のみの大社説で臨むなど各紙がそろって論評を掲載した。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ