世界日報 Web版

新型コロナウイルス報道で読み応えあるアエラと安倍批判ばかりの朝日


◆臨時休校の内幕暴露

 新型コロナウイルスが猛威を振るっている。風評や偏見・差別も出てきている。これらは対象への無知と人間の心の弱さから生じるものだ。正しく知って冷静に対処する。そのためには正しい情報と知識が必要で、こんな時こそ、週刊誌は正しい対処方法を読者に伝え、政府や当局の対策を評価・批判すべきだ。

 同じ社が出している週刊誌が色合いの違う報じ方をしていて興味深い。週刊朝日(3月13日号)とアエラ(同9日号)である。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ