世界日報 Web版

新型肺炎に“撲滅”か“共生”かの方針を政府に迫る「日曜報道」橋下氏


◆一斉休校を強く主張

 中国湖北省武漢市で流行した肺炎をもたらす新型コロナウイルスが世界に広がり、わが国でも、学校の臨時休校や一部の地方では緊急事態宣言に踏み切っている。安倍晋三首相を本部長とする政府新型コロナウイルス感染対策本部は25日、「水際対策」から流行抑止へと切り替える対策の基本方針をまとめ、27日には全国の小中高校に春休みまでの臨時休校を呼び掛ける前例のない状況になった。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ