世界日報 Web版

米政権の入植容認は「和平への障害にならぬ」と主張するイスラエル紙


◆遠のく「二国家共存」

 トランプ米政権は、イスラエルの占領地、ヨルダン川西岸への入植は「国際法に違反しない」との見方を明らかにした。従来の米政府の立場を転換させるものだ。パレスチナ自治政府は強く反発、米国内外からも強い非難の声が上がり、日本政府、欧州連合(EU)も直ちに「入植は国際法違反」との立場を明確にした。

 一方で、イスラエル政府は歓迎を表明、保守系イスラエル紙は「和平への障害とはならない」と支持を明確にしたものの、イスラエル、パレスチナによる「二国家共存」をベースとする和平の実現が遠のいたのは間違いない。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ